PAS情報⇒改めPA=片親疎外情報

アメリカでは,子どもと一方の親との面会を拒否する親には認知行動療法が試行されるという情報があります。背後に境界例が潜んでいることが,一般的に認知されていると考えていいでしょう。(境界例=引き離し親ということではありません)

*追加情報* PASの提唱者であるリチャード・ガードナー博士によれば,PASを行う親を調査した結果,そのほとんどに境界例よりむしろパラノイアの症例が観察されたとのことです。パラノイアについてはこちらから→ ウィキペディア
ヤフー百科事典

近年、PASを単に両親間の紛争だけに原因を還元し「子が親を拒絶する現象」という有りもしない学説をでっちあげたり、診断学上のシンドロームの概念には該当しないという批判があることを拡大解釈して、片親引き離し症候群などは存在しないなどという見解を振り回す輩がいますので、正確な情報を掲示します。まず、PAS=Parental Alienation Syndrome(片親引き離し症候群)の概念に付き、父母間の紛争に巻き込まれた子に見られる行動上の特徴として、単に「子が親を拒絶する現象」と呼ばれることが一般的であるという見解についてですが、これは学説でも何でもなく、単なる独善的な論理へのすり替えですから完全に論外です。次にPASが診断学上の症候群の概念には該当しないという見解ですが、この点は確かにリチャード・A・ガードナー(Gardner、1992)とケリー&ジョンストン(Kelly&Johnston、2001)の間で激しい論争があります。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのです。児童虐待やDVでも初期には”Battered Child Syndrome”あるいは“battered women's Syndrome”という呼び方がされていましたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていません。しかし誰も児童虐待やDVを否定しているわけではありません。これについて2008年にアメリカ医学会はPASという診断名はDSM−IV診断基準(精神病の鑑別基準)としては採用しないと発言しています。結論としてはsyndromeという部分ではKelly&Johnstonたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということです。以上詳しくは「離婚で壊れる子どもたち」棚瀬一代著 光文社新書 をご参照ください。尚、当会では今後PASと言う用語を改め、PA=片親疎外と表記します。
お知らせバナー紫
父親への監護者指定審判
宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

2015年05月20日

暗黒裁判を許すな!〜ある家事事件とその関連事件の実態報告〜 連載第二回

「弁護士と闘う」さんで連載中の記事を更新しました。
 
下記リンクよりご覧ください。
 
 
posted by 親子ガード at 02:03| 香川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

人気ブログ「弁護士と闘う!」で事件記事連載のお知らせ

ご無沙汰しております。お知らせを兼ねて更新します。
 
他サイトの話になりますが「弁護士と闘う!」さんで記事の集中連載を始めました。どう言う記事かというと実は当サイトの前回記事(と言っても、もう1年以上前になりますが・・・スイマセン)でアップした事件の続きです、面会交流が確定したのになぜ続きが?と思われる方もいるでしょうが、確定審判を無視し、それに対する間接強制決定も無視し、さらに弁護士をひっくるめて共同不法行為で損害賠償を請求されてもカエルの面に小便(失礼)、さらに面会交流をまともに履行(実行)もしないうちに、既に確定している審判を蒸し返そうとして、禁止や頻度の切り下げを求めて再度審判を申し立ててくるなどといった尋常ではない輩が、事件を乱立させているということです。
 
こうした余りの暴虐ぶりを見兼ねて、更新をさぼって(スイマセン)寂寥としている当サイトより、多い日は一日で4000アクセスを超えることもある超人気ブログ、弁護士と闘うさんに連載し、より多くの方に見て戴くことにしました。
 
集中連載 暗黒裁判を許すな!〜ある家事事件とその関連事件の実態報告〜
 
以上お知らせまで。
posted by 親子ガード at 03:24| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

第32回『日本の司法を正す会』開催のお知らせ〜渡邊正則さん(元判事)がゲスト〜

 国策捜査や菟罪事件、人質司法や密室での取り調べなど捜査の問題点をはじめとする日本の司法の現状について、司法やメディア関係者が論議を交わすことを通じて司法のあり方を考えるワークショップ、「日本の司法を正す会」が、先頃週刊朝日に親子問題における裁判所の現状を告発した記事を掲載した http://minpoukaisei.seesaa.net/article/169154894.html 、渡邊正則・元裁判官をゲストに招いてワークショップを開催するそうです。

【日時】平成22年12月16日(木)午後2時半〜4時半位まで
【場所】『日本の司法を正す会』事務所(村上正邦事務所)
千代田区永田町2−9−8
パレロワイヤル永田町203号室電話03-3500-2200
【ゲスト】渡邊正則さん
【インタビュー及び進行】青木理さん(ジャーナリスト)
日本の司法を正す会.pdf

ワークショップの参加予約は、残念ながらすでに締め切られていますが、
当日の様子はニコニコ生動画で同時中継されるとのことなので、是非ご視聴下さい。DV冤罪について追及されるかもしれません。

  
posted by 親子ガード at 02:57| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

クローズアップ現代 親と子が会えない〜増える離婚家庭のトラブル〜 ダイジェスト版

2010年9月8日(水)にNHKで放送された番組、クローズアップ現代・親と子が会えない〜増える離婚家庭のトラブル〜の動画・発言録が、番組公式サイトにアップされています。動画は残念ながら7分少々のダイジェスト版ですが主要な部分は収録されており、発言録と併せて戴ければ趣旨や番組の感じはお分かり頂けるかと思います。

見逃した方はどうぞご覧ください。

クローズアップ現代公式サイトへはこちらからどうぞ
タグ:お知らせ
posted by 親子ガード at 22:13| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

クローズアップ現代放送のお知らせ〜面会交流特番〜

先日、NHK大阪のローカル番組「かんさい熱視線」なぜ親と子が会えないのか〜離婚後の面会交流トラブル〜がNHKクローズアップ現代で全国放送されることになりました。

放送日時は9月8日(水) 「クローズアップ現代」 NHK総合夜7:30〜7:56(BS2深夜0:15〜0:41)

スタジオコメンテーターのゲストは、
「かんさい熱視線」の棚瀬一代先生に変わり(体調不良だそうです)臨床心理士の小田切紀子先生が務められる予定です。

VTRやスタジオの演出も若干が変わる予定だそうです。

尚、これは未確認情報ですがNHKでは過去(数年前のようです。クローズアップ現代ではない?)に面会交流に関する特集?(
面会交流に関する特集ではなく、離婚案件に付随して触れたのかもしれませんが)を行ったところ、某団体?(個人?)からねじ込まれ、裁判沙汰になったいきさつがあるという ”うわさ”を耳にしたことがあります。

もし仮に、特定の立場、特定の団体がこのような圧力的な行動によって自分たちに都合の悪い番組を排除しようとするようなことがあったなら、それは
著しく社会正義に反し、到底許されるべきことではありません。

そのようなことにならないよう全国で離婚後の親子関係を阻害されて苦しんでいる当事者の方々(子どもの立場の方も含めて)は、きびしく監視すると共に是非ともNHKさんに熱い応援をお願い致します。

  
posted by 親子ガード at 15:31| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

離婚後の親子の交流問題に関する番組放映のお知らせ〜NHK関西熱視線〜

NHK大阪放送局の報道番組『関西熱視線』で、我が国の離婚後の親子の交流を取り巻く問題に関する番組が放送されます。当会も出演していますが、番組の構成や趣旨は放送局が決めることなので、最終的にどのような番組に仕上がっているかはわかりません。ご興味のある方はご覧ください。

放送局:NHK大阪放送局
放送エリア:大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、三重(もしかしたらその他の隣接県でも映るかもしれません)
放送日:8月20日(金)午後7時30分〜同7時55分(25分間)


  
posted by 親子ガード at 02:44| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ファーザーズウェブサイト中部 親子のふれあいと絆を大切にする会 講演会のお知らせ

愛知県で離婚後の自由な親子関係を求める団体、ファーザーズウェブサイト中部 親子のふれあいと絆を大切にする会から講演会のお知らせです。

講演会 「離婚」前を向いて歩き続けるために
〜離婚は、家族に大きな変化をもたらします。両親にとっても、子ども達にとっても!離婚するとどういうことが起きるのか、子どもにはどのような影響があるのか、どうやって離婚を乗り越えていけばいいのか。離婚という人生の選択をしなければならないとき、なにより子ども達を不幸にしてしまってはいけません。しっかりと向き合い、考える機会になればと思います。〜

近郊の方は是非奮ってご参加下さい。

講師:小田切紀子東京国際大学人間社会学部教授
8月21日(土) 午後2時00 分〜(1時30 分開場)
半田市市民交流センター(クラシティ半田3階)
詳細はこちらのPDFファイルをご覧ください⇒FS中部2010講演会[1].pdf

  
posted by 親子ガード at 02:13| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

(社)親子の絆ガーディアン 第二回講演会『DV防止法と共同親権』のお知らせ

(社)親子の絆ガーディアンでは、『DV防止法共同親権』というテーマで第二回講演会を開催します。

詳細はこちらからご覧ください。親子の絆ガーディアン第二回講演会.pdf

講師:日本家族再生センター所長 味沢道明氏
日時:
平成22327日(土)13:3016:30
場所
:高松市錦町一丁目2011
高松市男女共同参画センター第8会議室
TEL
  (0878212611 FAX0878212661

入場料:¥800  ※どなたでもご入場戴けます。
posted by 親子ガード at 03:42| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

当団体は一般社団法人へと移行しました

社団法人化のご挨拶
 
 近年、日本でも離婚が激増し、三組に一組の夫婦が離婚すると言われる時代になってきました。

 それと共に破綻主義離婚の導入によって法的判断でも離婚が簡単に認められるようになり、その際の離婚条件、特に子どもを巡る争いは激化の一途を辿っています。
 その結果、離婚した元夫婦間の関係は回復不能なまでに破壊され、子どもが片方の親との関係を断ち切られてしまうという悲劇が繰り返されています。また、離婚後、同居できない親が子供に会うことを法的には面会交流(以前は面接交渉と称していました。)といいますが、日本ではその時間が極端に制限されることが多いため、同居できない親と子の関係が十分に構築できない現実があります。
 日本は、従来、離婚後は片方の親だけにしか“親権”を認めない、単独親権制度を採用してきました。そして、離婚後は片方の親とだけ関係を築いた方が子どもが心理的に安定すると言われてきました。
 本当にそうなのでしょうか?現在、米・英・仏・独・伊・カナダのG7各国はもとより、オーストラリア・オランダ・スウェーデン・ノルウェー・ベルギー・ニュージーランド・デンマーク・スペイン、そしてアジア圏では韓国が離婚後も両親ができるだけ子どもに関われるように、共同親権、共同養育(法的には共同監護と言います)の制度を導入し、様々な政策を整備しています。
 これらの国々も昔は離婚後単独親権制度でしたが、心理学、精神医学の実証研究の結果から、離婚後も両方の親との均等な関係をできるだけ維持した方が、子どもの人格的成長に良い影響を与えることが判り、離婚後、無理やり片親にしてしまうような制度は間違いであるとして、前記のような法制度に変わってきました。又、親の人権と言う見地からすれば、親として不適格でもないのに、我が子との関係を断ち切られる(制限される)のはあまりにも非道なことであり、国家による迫害とすら言えるのではないでしょうか。
 日本で親権にまつわることを規定しているのは民法という法律ですが、実はこの民法というのは戦後60年、ほとんど大きな改正がされておらず、時代の変化に全く合わないものになってきています。
 少子化が進み、男性の育児参加が進む現在、親にとって子はますます生きがいとなり、核家族化が進む中、子どもにとって両親との豊かな関係は緊急の課題と言えるでしょう。
 こうした問題の改善に少しでも寄与し、又、広範な活動を実現するため、この度当団体は法人格を取得し、一般社団法人へと移行致しました。
 今後は様々な法改正活動や当事者支援の出来る態勢を構築するため、少しずつでも歩みを進めていきたいと考えております。
 皆様におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 尚、法人化に伴い、正式名称を「親子の絆ガーディアン四国」から「親子の絆ガーディアン」へと変更させて戴きました。

一般社団法人 親子の絆ガーディアン 代表理事 早井


posted by 親子ガード at 03:26| 香川 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

定例会のお知らせ

親子の絆ガーディアン四国では、毎月第一・第三水曜日に高松市男女共同参画センターにおいて定例会を開催しております。

離婚・別居・未婚などで子どもと会えない、会いにくい当事者の方を始め、社会活動に興味をお持ちの方ならどなたでもご参加いただけますので、ご相談等お気軽にお越しください。

詳しくはこちらをどうぞ定例会のお知らせ.pdf
posted by 親子ガード at 01:32| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

千葉景子法務大臣,福島瑞穂男女共同参画・少子化担当大臣に要望書を提出しました

別居親5団体、5名、福島大臣、千葉大臣の事務所を訪問
 
 9月24日、北海道のFPかしわさん(面接交流ネット代表)らとともに、植野、宗像ほか計5名で、kネット、面接交流ネット、子どもに会いたい親たちのネットワークさっぽろ、くにたち子どもとの交流を求める親の会、親子の絆ガーディアン四国の5団体の要望書を持って、福島瑞穂男女共同参画・少子化担当大臣、千葉景子法務大臣のもとを訪れました。

 福島大臣の秘書の上田恵子さんは、「子どもを中心に考えるべきで、簡単ではないが前進させる立場、方向性を示したい」と述べ、「多様な家族のあり方があっていいし、子どもにとっては大人が増えることはいいこと」と述べていました。
 
 宗像のほうからは、「男女共同参画が唱えられて、育児に男も参加しているのに、別れたとたんに会えなくなるなんて、誰も納得しない」、「育児手当にしても、扶養控除もできず、養育費も払い、その上税金から子ども手当てとなると、別居親の存在はどうなるのか」と意見を述べ、「これまで別居親の側のことについては指摘する人がいなく、どんどん指摘して欲しい」と上田さんも述べていました。

 
 千葉法務相のところには、留守番のスタッフしかいませんでしたが、こちらも要望書を手渡して要請を終えました。

 政権が交代し、与党内の意思決定が流動的なようですが、今後、政府の政策に別居親の意向を反映できるように、積極的に働きかけたいと思います。(宗像)

 
 当会は,特に親子法改正の具体的方法に関する要望書を千葉法務大臣に提出しました。
 要望の理由は未婚・離婚後に単独親権を強制する民法819条,818条は
日本国憲法第13条、同第14条1項、同第24条2項および同第25条1項に違反するから早急な法改正を必要とする,というものです。

Kネットの要望書ファイルはこちらから
             ↓
Kネット要望書 福島瑞穂様
Kネット要望書 千葉景子様

当会の要望書はこちら ※別紙の理由書は割愛させて戴きます
要望書.pdf

posted by 親子ガード at 01:11| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

SOS!会えない親子のホットライン開設のお知らせ

当会の連携団体である,くにたち子どもとの交流を求める親の会(東京)が,親子の引き離しに悩む方々のためのホットラインを開設しました。

困難な問題ですが,一緒に考えることで状況を改善する糸口が掴めるかもしれません。1人でお悩みの方は,是非一度相談してみて下さい。

※尚,遠方からのご相談に対しては,相談者の意向に応じて,お住まいの近くの地元団体をご紹介することもできます。当会もネットワークに参加しております。

『SOS! 会えない親子のホットライン』

■誰に相談して良いか分からないと一人で悩んでいませんか?
 別居・離婚によって、子どもに会えなくなった親、親に会えなくなった子どもさんの相談に応じます。

 (相談は無料です。秘密は厳守します。)

■受付TEL:042−573−5791

■日時:第1・第3木曜日 午後4時〜午後7時 変更→ 第二、第四 火曜日 20時〜22時
まで受付

■主催:くにたち子どもとの交流を求める親の会

■ブログ:http://kunitachivisitation.seesaa.net/
posted by 親子ガード at 02:03| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

コンテンツを追加しました

共同親権についてのよくある疑問や質問,反対などにお答えするためにQ&A集をサイドメニューコンテンツに追加しました。内容は随時追加・更新の予定です。他にも疑問・質問・反論などございましたらどしどしお寄せ下さい。随時取り上げていきます。
posted by 親子ガード at 23:46| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。