PAS情報⇒改めPA=片親疎外情報

アメリカでは,子どもと一方の親との面会を拒否する親には認知行動療法が試行されるという情報があります。背後に境界例が潜んでいることが,一般的に認知されていると考えていいでしょう。(境界例=引き離し親ということではありません)

*追加情報* PASの提唱者であるリチャード・ガードナー博士によれば,PASを行う親を調査した結果,そのほとんどに境界例よりむしろパラノイアの症例が観察されたとのことです。パラノイアについてはこちらから→ ウィキペディア
ヤフー百科事典

近年、PASを単に両親間の紛争だけに原因を還元し「子が親を拒絶する現象」という有りもしない学説をでっちあげたり、診断学上のシンドロームの概念には該当しないという批判があることを拡大解釈して、片親引き離し症候群などは存在しないなどという見解を振り回す輩がいますので、正確な情報を掲示します。まず、PAS=Parental Alienation Syndrome(片親引き離し症候群)の概念に付き、父母間の紛争に巻き込まれた子に見られる行動上の特徴として、単に「子が親を拒絶する現象」と呼ばれることが一般的であるという見解についてですが、これは学説でも何でもなく、単なる独善的な論理へのすり替えですから完全に論外です。次にPASが診断学上の症候群の概念には該当しないという見解ですが、この点は確かにリチャード・A・ガードナー(Gardner、1992)とケリー&ジョンストン(Kelly&Johnston、2001)の間で激しい論争があります。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのです。児童虐待やDVでも初期には”Battered Child Syndrome”あるいは“battered women's Syndrome”という呼び方がされていましたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていません。しかし誰も児童虐待やDVを否定しているわけではありません。これについて2008年にアメリカ医学会はPASという診断名はDSM−IV診断基準(精神病の鑑別基準)としては採用しないと発言しています。結論としてはsyndromeという部分ではKelly&Johnstonたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということです。以上詳しくは「離婚で壊れる子どもたち」棚瀬一代著 光文社新書 をご参照ください。尚、当会では今後PASと言う用語を改め、PA=片親疎外と表記します。
お知らせバナー紫
父親への監護者指定審判
宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

2011年02月18日

緊急ルポ!子どもを迫害する家庭裁判所の実態!!

皆さんこんにちは!今、世間では「国際的な子の奪取に関する民事面のハーグ条約」通称ハーグ条約の批准が政府発表により、ほぼ確実(2011年3月頃には発表予定)な状況となってきたため、関心のある方の間ではこの話題がホットではないかと思います。

こちらの話題については各当事者団体がそれぞれに情報掲載、記事紹介をしていますので、当会では敢えてそちらは取り上げません。情報入手御希望の方は当会リンク先の各サイトをご参照ください。

ところで、このような離婚時の子どもの一方的な連れ去りや、理由もなく親子を切断して会わせないということは子どもへの虐待、親の身分権への侵害としか言えないもので、世界中で認められている評価基準です。その為日本は諸外国から非難を浴びているわけですが、こうした情勢の中、日本の家庭裁判所には、児童虐待の幇助?或いは子どもの迫害?としか評価できないような実態があります。

当会では今もなお裁判所に係属中のある事件について、資料を入手しましたのでこれを公開し、リアルタイムでレポートしていきたいと思います。

事件の概要

1 今までの経過

 この事件の当事者は父親・田中氏(仮名)とその息子田中イチロー君(仮名)小学5年生、そして田中氏の元妻でイチロー君の母親の花子氏(仮名)です。

 田中氏と花子氏は平成19年に裁判離婚した元夫婦で、二人の間には長男ヨシオと次男イチロー君の二人の子供がいます。離婚に先立って平成16年、花子氏は二人の子ども(当時8才と5才)を田中氏の下から無断で連れ去りました。その後二度にわたる面会交流調停の末、両者の間には、子どもたちと田中氏とを宿泊を含む面会をさせる調停が成立しました。

 しかし花子氏は何かと理由を付けて、面会を拒否したり、直前で勝手に面会の予定を変更したりして不誠実な態度でした。そのことはイチロー君にとっても非常に負担になることでした。

 イチロー君は父親である田中氏を非常に慕っており、面会を楽しみにすると同時に常々父親と一緒に暮らしたいと思っていました。このことは花子氏も知っていたことは記録から明らかです。

 同時にイチロー君にとって花子氏の下での生活は、花子氏の不適切な養育・強圧的対応等により非常に苦痛でした。そして意を決したイチロー君は平成22年O月O日、花子氏の下から家出し、田中氏の下へ保護を求めてやってきました。書置きを見てそれを知った花子氏は、イチロー君を連れ戻すべく田中氏の下に押し掛けてきましたが、イチロー君の拒否により連れ戻すことができませんでした。尚、両者の住居地は数百キロ離れています。

 田中氏はイチロー君の希望により一緒に暮らすため、東京家庭裁判所に親権者の変更調停を申し立てました。これに対し、花子氏は長野家庭裁判所松本支部にイチロー君の引き渡し請求とその保全処分を求めました。そうすると東京家庭裁判所は、この事件は子どもの居住地が管轄になるから親権者変更調停は一旦取り下げ、長野家庭裁判所松本支部に改めて申し立てて、まとめてやるように指導してきました。以上がこれまでの簡単な経過です。

 

2 問題となる司法による子どもの意向無視、子どもの強制拉致

 問題となるのは花子氏の申し立てた子の引き渡し請求保全処分です。引渡請求の保全処分というのは仮執行宣言付の判決と同じ効果があり、認容されると問答無用で二週間以内に強制執行、即ち執行官による強制的な身柄の引き渡しができることになります。

 長野家庭裁判所松本支部の高浪晶子裁判官は、花子氏の養育放棄・強圧的対応に耐えかねて救いを求めて家出してきたイチロー君の気持ちや考えを一切子聞くこともせず、また、調査官による調査もせずに平成221227日、引き渡しを認める審判をしました。

 この審判で行われた審問には田中氏自ら出頭しましたが、事前にイチロー君が自分の意向を裁判所で述べたいと言っていることを書面で伝え、イチロー君を連れていくことを申し出ました。しかし高浪晶子裁判官は、この申し出を拒否し、裁判所に子どもを連れてこないようにと連絡してきました。

 止むなく田中氏は1人で出頭すると共に、答弁書や数々の証拠書面を提出しました。その中には、イチロー君自身の書いた陳述書、警察プロファイリングチームにも関わっている臨床心理士によるイチロー君の心理調査、歯科医師による、イチロー君がこれまで歯科治療を放置されてきたことを証する診断書(歯が根元まで腐っていました)とネグレクトが十分疑えるという意見書、耳鼻咽喉科医によるアレルギー性鼻炎が放置されてきたことを証する診断書、などイチロー君自身の意向を証し、花子氏のネグレクトを証するに十分な資料があります。また、花子氏が押し掛けてきたがイチロー君自身が激しく拒絶する様子を撮影したDVDもあります。
 しかし、高浪晶子裁判官はこれらの証拠を無視し、イチロー君に対する意向調査、調査官による調査すら実施しない状況で、花子氏の不適切な養育を逃れて家出し、父親に救いを求めて来たイチロー君を、国家権力により強制的に拉致して連れ戻すことを認める審判を、平成221227日付で出しました。

 こうした強制執行は実際にどの様に行われるかと言うと、連れ去られることを嫌がって泣き叫んで抵抗する子どもを、無理やり羽交い絞めにして車に乗せたりして連れて行くこともある、恐るべき暴力的手段です。実際にこうした事例があり、そのことによって自殺されたおとうさんもおられます。

 これのどこが一体子の福祉に適うのでしょうか?!子の意向すら確かめず、国家権力が子どもを物のように扱うことが許されるのでしょうか!?しかも保全処分と言うのは、急迫した危険を避ける必要性があるときだけに認められなければならないものです。それを花子氏の不適切な養育を逃れて家出し、父親の下に保護を求めてきたイチロー君を、逆に危険性のある花子氏の下に無理やり連れ戻すことが危険性を避けることになるなどと言う考えは、到底常人の思考とは考えられません。

3 その後、花子氏はイチロー君引渡の手続きを取らず、その代りになんと審判書を役場などに郵送し(2010/2/16現在、抗告中なので結論はまだ確定していないにも拘わらず)、勝ったから子ども手当をこちらによこせ!などと言ってきたそうです。また、田中氏は長男・次男、二人分の養育費を強制的に花子氏に徴収されていますが、イチロー君はこちらで養育しているのだから1人分は返して欲しいと申し出ても無視されたままです。

 花子氏は一体何のために引渡請求をしたのでしょうか?お金が欲しかっただけとしか思えません。子供に愛情はないのでしょうか?その様な親を親権者に指定する裁判所っていったい・・・??

 さらに、その後長野家庭裁判所松本支部の高浪晶子裁判官は、東京家庭裁判所の指導により田中氏が長野家庭裁判所松本支部に申し立てた(事実上は事件を東京から長野に移送したということです)親権者変更事件を、いきなり東京家庭裁判所に移送するという審判を出しました。

 つまり事件を東京家庭裁判所に突き返したわけです。これは明らかに“事件のたらい回し”です。こんなことが許されるのでしょうか!?


4 以上の事実は初耳の方には俄かに信じ難いことかとは思いますが、このようなことが普遍的に横行しているのが家庭裁判所の実態なのです。現在、イチロー君と父親ら家族たちは、司法の暴虐を恐れて怯えて暮らす毎日です。

 次回より当会では、この事件の実態を裁判所の審判書や田中氏の主張書面を公開しながらレポートしていきます!!


  

posted by 親子ガード at 15:32| 香川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 判例評釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は父子家庭で、現在2女を養育しています。共同親権については、私は反対です。調停で離婚をしましたが、面接交流そのものが、子供の権利と言っておきながら、特に幼少の子については、その意志すら尊重されていません。方親の一方的な権利ばかりの主張には違和感を感じます。
共同親権を実現するのなら、現在の家裁の調停制度を見直し、婚姻中の夫婦の義務の履行程度、離婚に至った原因と責任を家裁がしっかり査定し、間違いについては認め償うことが必要です。両親の意志に左右される面接交流は感情が先行してしまいますが、法律による権利を主張するなら、それまでの義務と責任を明確にする必要があります。一方的な権利のみの主張はフェアではないと思います。
Posted by 岸田諭俊 at 2013年01月19日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。