PAS情報⇒改めPA=片親疎外情報

アメリカでは,子どもと一方の親との面会を拒否する親には認知行動療法が試行されるという情報があります。背後に境界例が潜んでいることが,一般的に認知されていると考えていいでしょう。(境界例=引き離し親ということではありません)

*追加情報* PASの提唱者であるリチャード・ガードナー博士によれば,PASを行う親を調査した結果,そのほとんどに境界例よりむしろパラノイアの症例が観察されたとのことです。パラノイアについてはこちらから→ ウィキペディア
ヤフー百科事典

近年、PASを単に両親間の紛争だけに原因を還元し「子が親を拒絶する現象」という有りもしない学説をでっちあげたり、診断学上のシンドロームの概念には該当しないという批判があることを拡大解釈して、片親引き離し症候群などは存在しないなどという見解を振り回す輩がいますので、正確な情報を掲示します。まず、PAS=Parental Alienation Syndrome(片親引き離し症候群)の概念に付き、父母間の紛争に巻き込まれた子に見られる行動上の特徴として、単に「子が親を拒絶する現象」と呼ばれることが一般的であるという見解についてですが、これは学説でも何でもなく、単なる独善的な論理へのすり替えですから完全に論外です。次にPASが診断学上の症候群の概念には該当しないという見解ですが、この点は確かにリチャード・A・ガードナー(Gardner、1992)とケリー&ジョンストン(Kelly&Johnston、2001)の間で激しい論争があります。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのです。児童虐待やDVでも初期には”Battered Child Syndrome”あるいは“battered women's Syndrome”という呼び方がされていましたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていません。しかし誰も児童虐待やDVを否定しているわけではありません。これについて2008年にアメリカ医学会はPASという診断名はDSM−IV診断基準(精神病の鑑別基準)としては採用しないと発言しています。結論としてはsyndromeという部分ではKelly&Johnstonたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということです。以上詳しくは「離婚で壊れる子どもたち」棚瀬一代著 光文社新書 をご参照ください。尚、当会では今後PASと言う用語を改め、PA=片親疎外と表記します。
お知らせバナー紫
父親への監護者指定審判
宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

2010年02月21日

父親への監護者指定審判

東京家庭裁判所八王子支部平成20年(家)第1678号子の監護に関する処分(監護者指定、子の引き渡し)平成21年1月22日 審判
家事審判官:澤井真一
(出典:家庭裁判月報611187頁)

判例PDFファイルはこちらからどうぞ
     父親への監護者指定審判.pdf

1 申立人   父親A(申立てをした方)

  相手方   母親B(申立てをされた方)
  未成年者    男子C

2 結論

父親の申立てを認め、父親を監護者と指定し、母親側に居住している状態から母親に対し父親に子どもを引き渡すことを命じた。

3
結論の理由

(1)
@母親Bは、子どもの世話を行ってきており、両者の関係は良好。
A未成年者は,まだ7歳であり,安定的に母子関係を形成することが重要であるから,相手方と未成年者を分離させることには問題がある。
B子どもが父親宅に居住の場合,転校により学校生活の継続性が失われる。

(2)
@ABを踏まえつつも、なお且つ父親Aが養育した方が子どもの為になるとの判断から、父親への監護者指定と子どもの引き渡しを命じていますが、その理由は・・・・

判例評釈の続きはこちらからどうぞ

     

(3)母親Bは,幼稚園の迎えについて延長保育や第三者に依頼するなどしたことが度々であり,未成年者が幼稚園で精神的に不安定な状態となった際にも十分な対応をしていない。


(4)母親Aには,実母の入院,死亡等充分な養育ができない事情があったがそれを考慮しても、母親Aの養育状況に問題があった。


(5)
母親Aは,学童保育の終了時間に合わせて帰宅しているが,平日及び休日未成年者を身近に置いて十全に監護できる状況にはなく、養育につき援助協力する親類等もいない。


(6)
相手方は,父親と未成年者とが面接交渉をすることについて反対して父子の交流を妨げている,未成年者が社会性を拡大し,男性性を取得するなどの健全な発育ないし成長に対する不安定要素となっている。

 以上を事実認定し、父親側は実母ほか監護補助者の協力を得て未成年者を十分に監護養育する環境を整えていることが認められる。ということを加え、主文のとおりの審判をしました。

4 当会の見解
 これまでの家裁の定型的判断だと、現状維持だけに依拠する傾向が強く、表面的に問題がなければ、その時点で子どもの身柄を押さえている親に問答無用で親権・監護権を付ける例が顕著でした。しかしこの判例では、こうした不公正な定型的判断を改め、安易な母性優先に陥ることなく男女平等に評価し、実際的な養育環境からどちらが子どもの為になるかという視点で判断がされています。
 
特筆すべき点は、連れ去りによる身柄の拘束を起点とした環境の継続性を判断基準としなかった。母親側が面会交流を拒絶することを養育者としての不適格要素として考慮した。母親が子どもが転居を希望していないとして提出した、子どもの直筆書面を子どもの真意として考えることはできないとした。以上三点ではない
かと思います。又、母親側が不貞行為により家庭を壊したことも、考慮に入れたのかもしれません。
 未だに養育環境の継続性と、無原則な母性優先、科学的に評価できない”子の意思”を楯にして立場の弱い方を押さえつけるだけの、不公平な判断が多い家裁の中で、かなり頑張った結論と評価できると思います。
 もちろん、あくまで単独親権制度という枠組みの中でということですが…本来私たちが求めるものは、離婚によって両親と子どもの交流が妨げられることのない社会です。
 この事案でも、その後母親と子どもとの交流がどうなっているのかが気になるところです・・・

5 当会の総合評価 ☆☆☆☆
0.5pt(今後こうした判断が定着することを祈ります)
タグ:判例評釈
posted by 親子ガード at 02:09| 香川 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 判例評釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になります。「共同親権」で検索してここにたどり着きました。私も当事者です。親権をめぐって意見対立している父親です。(^_^;

ここのサイトは客観的な情報が多いですね。役に立ちます。また、サイト運営者のプロフィールなども知りたいですね。どこを見ればよろしいでしょうか。
Posted by W at 2010年05月27日 12:50
そういえば運営者情報のはっきりしない怪しいサイトでしたね(笑)運営団体情報をサイドメニューに追加しておきましたのでご参照ください。
Posted by 管理人 ミラクルヤン at 2010年05月27日 13:58
私も8月に親権変更調停申し立てで5回目で取り下げの結果でした。11月に今度は監護者指定、引渡し調停でリベンジです!二回行こうは審判にしてもらうつもりです!ここのサイト為になりました。
Posted by パパ at 2010年10月31日 23:20
そうですか・・・残念です。現在の裁判所運用では、虐待等に類する事情がない限りまず親権者変更を認めようとはしません。調停で終わらせずに、是非、審判・高裁決定位は出させて下さい。裁判所がおかしな審判や決定を書いてきたら、それをどんどん公開すべきです。尚、一言申し上げますと、親権者変更や監護者指定は最高裁で決定が出ても、それで終わりではなく何度でも提起できますので、取り下げする必要はないと思いますよ。
Posted by 管理人 ミラクルヤン at 2010年10月31日 23:44
はじめまして。私は監護者指定の審判で敗訴いたしました。即時抗告を申し立てる予定ですが、なんだかほとんど無意味だと言われるほど却下されることの方が多いと聞き、虚しい思いでいっぱいです。

私は審判の期間を含め八ヶ月間、子供との生活をしてきましたが、私なりに精一杯子供との生活をしてきましたし、何と言っても子供が、母親からの虐待を打ち明けてくれたことで、何が何でも勝ち取る思いで、必死でその事実を訴えました。が、二度にわたっての子供からの聞き取りで、子供は母親との生活を忌避していることを伝えたのですが、それらは全く無視されました。

一縷の巧妙を見出したくてなお必死ですが、今、引き渡しの執行も終わるやいなや、完全に子供の状況がつかめない状態を作られてしまい、やむを得ず、児童相談所、学校、警察に会わせて相談をしているところです。

辛くて死にそうです。

Posted by kenny at 2012年09月21日 03:07
私も当事者で、子どもは3人ですが、申立人とよく似ています。
妻が不倫→調査会社に依頼して証拠をおさえる→離婚調停を申し立て→妻は無断で子連れ別居→「子の引渡しの審判」「保全処分」「監護者指定の審判」の申し立て→調査官調査→調査官の報告書は「母親の監護には題はない」とありました。
この調査官の報告を受けて、10日後に監護者指定の審判が出ます。
僅かな可能性を信じて、日々を送っています。
Posted by 監護者指定の審判待ち at 2016年08月23日 11:35
「子の監護者指定申立事件」「子の引渡し申立事件」について、本日(9月2日)、審判が出ました。
結果的には、延長戦になりました。

主文
本件申立てをいずれも却下する。
手続費用は申立人の負担とする。

未成年者らの監護者の指定について
・申立人(私)は未成年者らの監護者としての適格性を有するというべきである。
・相手方は別居に当たり、長男及び長女の意向を確認し、その意向に沿った形で未成年者らと同居するようになったことからすると、これが申立人に無断であったとしても、違法とまでいうことはできない。
・相手方が未成年者らを連れて家出したことにより、未成年者らの生活環境に変化が生じたものの、未成年者らの福祉に反する状態になっているとは認められない。
・未成年者らの監護者としての適格性について、相手方が申立人(私)に劣るものではないということができる。
・面会交流が継続的に行われており、相手方は、今後もこれに応じる意向である。
・相手方と不貞行為の相手との交際が継続していることはうかがわれない上、その後は相手方による適切な監護がなされていることからすれば、相手方に未成年者らの監護者としての適格性が欠けるとはいえない。
・現時点において、相手方よりも申立人(私)が未成年者らを監護することが子の福祉に叶うということができないから、未成年者らの監護者を申立人(私)と指定することは相当ではない。(なお、申立人(私)も監護者としての適格性を欠くものではなく、相手方も監護者指定申立事件における答弁書において「申立人の請求をいずれも棄却する」ことを求めるにとどまる本件において、相手方を監護者として指定することは必ずしも必要ではない)
よって、本件申立は、いずれも理由がないから却下することとし、主文の通り審判する。
でした。
今後の対応について、週明けに代理人と話し合いです。
Posted by 監護者指定の審判待ち at 2016年09月02日 15:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141749618

この記事へのトラックバック

■買えば買うほど、虐待された子を救える本
Excerpt: ●『日本一醜い親への手紙 厳選版100通』の刊行について  『日本一醜い親への手紙』は、親から虐待されて育った人々から公募した手紙を100...
Weblog: ■Social Good News 君は弱者と同じ世界に生きている
Tracked: 2010-02-22 12:48




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。