PAS情報⇒改めPA=片親疎外情報

アメリカでは,子どもと一方の親との面会を拒否する親には認知行動療法が試行されるという情報があります。背後に境界例が潜んでいることが,一般的に認知されていると考えていいでしょう。(境界例=引き離し親ということではありません)

*追加情報* PASの提唱者であるリチャード・ガードナー博士によれば,PASを行う親を調査した結果,そのほとんどに境界例よりむしろパラノイアの症例が観察されたとのことです。パラノイアについてはこちらから→ ウィキペディア
ヤフー百科事典

近年、PASを単に両親間の紛争だけに原因を還元し「子が親を拒絶する現象」という有りもしない学説をでっちあげたり、診断学上のシンドロームの概念には該当しないという批判があることを拡大解釈して、片親引き離し症候群などは存在しないなどという見解を振り回す輩がいますので、正確な情報を掲示します。まず、PAS=Parental Alienation Syndrome(片親引き離し症候群)の概念に付き、父母間の紛争に巻き込まれた子に見られる行動上の特徴として、単に「子が親を拒絶する現象」と呼ばれることが一般的であるという見解についてですが、これは学説でも何でもなく、単なる独善的な論理へのすり替えですから完全に論外です。次にPASが診断学上の症候群の概念には該当しないという見解ですが、この点は確かにリチャード・A・ガードナー(Gardner、1992)とケリー&ジョンストン(Kelly&Johnston、2001)の間で激しい論争があります。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのです。児童虐待やDVでも初期には”Battered Child Syndrome”あるいは“battered women's Syndrome”という呼び方がされていましたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていません。しかし誰も児童虐待やDVを否定しているわけではありません。これについて2008年にアメリカ医学会はPASという診断名はDSM−IV診断基準(精神病の鑑別基準)としては採用しないと発言しています。結論としてはsyndromeという部分ではKelly&Johnstonたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということです。以上詳しくは「離婚で壊れる子どもたち」棚瀬一代著 光文社新書 をご参照ください。尚、当会では今後PASと言う用語を改め、PA=片親疎外と表記します。
お知らせバナー紫
父親への監護者指定審判
宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

2009年05月19日

フランス人小児科医 アルド・ナウリ氏の講演〜平成21年4月21日開催の国会勉強会〜

平成21年4月21日開催の国会勉強会で行われたフランス人小児科医 アルド・ナウリ氏の講演会のレジュメを在外フランス人議会議員 コンシニ・ティエリさんの許可を得て掲載いたします。
子どもとの面会を求める論拠や,共同監護の有用性を証する非常に有効な資料だと思いますので,ご活用下さい。


日本国駐在フランス共和国大使フィリップ・フォール閣下後援による
日本国国会議員との対話

2009年4月21日 衆議院第二議員会館第1会議室 

小児科医・医学博士 アルド・ナウリ


「たとえ離れて暮らしていたとしても、親と子の交流は子どもが健全に育つために必要です」

はじめに自己紹介をさせて頂きたく存じます。私はアルド・ナウリと申します。パリ大学医学部およびパリの諸病院の小児科専門の医師であります。私は40年にわたりフランスのパリで仕事をしてまいりました。そして社会階層も民族的出自も様々な2万ほどの家族と出会うことになりました。このことから私は家族の世界に関する限り豊富な経験を持つものと自負しております。

この家族という世界のもつ複雑な問題を扱うために、私は自分の受けた医学的教育だけでは満足することができず、さらに心理学をソルボンヌ大学にて、文化人類学をコレージュ・ド・フランスにて、言語学を社会科学高等研究院にて、そして精神分析学をパリのフロイト学派のもとで学びました。

私はこの領域において、専門家の間でそれなりの高い評価をいただいており、おかげで多くの学会で発言をし、専門雑誌に多くの論文を掲載させていただいております。また多くの本を執筆し発表しており、共著のものが50冊ほど、そして単著のものが14冊ほどございます。それらの著作はすべて、家族の中で織りなされる諸関係の様々な側面、そしてその変化について論じておりますが、それはまさに現代の世界において大きな問題となっていることでもあります。これらの私の著作はいずれも大きな反響を呼び、ヨーロッパの多くの国々で重要参考文献となっております。それらはまだ日本語には訳されておりませんが、他の多くの言語に翻訳されております。私の本はこうして数百万の読者を得ることになり、私は相当な数の手紙を受け取ることになりました。

私は200212月に日本を訪れる栄誉に浴しましたが、その時の旅行の思い出、東京、仙台、大阪で私が行った講演の際に素晴らしい歓迎を受けた思い出が深く心に残っております。

本日もわたしは同じような喜びを感じております。本日はさらに皆様方の前でお話しさせていただくという格別の栄誉に浴し、一層光栄に感じております。

 そして、私のお話にこうしてお耳を傾けていただけることを皆様にあらかじめ深く感謝申し上げます。

私が皆様にお話しするようにと依頼されております問題は、なぜ子供にとって、人生全体とまでは言わないまでもその成長期の全体を通じて、両親の「双方」およびその双方の家族とできる限り緊密な接触をもつことが不可欠とまでは言わずとも重要であるのか、という問題です。

私がこれからさせていただくお話は、私の受けた複数の専門的教育から学んだこと、私自身の医師としての職業的経験から学んだこと、そして数多くの人々との出会いから学んだことをもとにして進めてまいりたいと思います。


PDFファイル全文はこちら→アルド・ナウリ講演会_NEW.pdf

posted by 親子ガード at 00:08| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。