PAS情報⇒改めPA=片親疎外情報

アメリカでは,子どもと一方の親との面会を拒否する親には認知行動療法が試行されるという情報があります。背後に境界例が潜んでいることが,一般的に認知されていると考えていいでしょう。(境界例=引き離し親ということではありません)

*追加情報* PASの提唱者であるリチャード・ガードナー博士によれば,PASを行う親を調査した結果,そのほとんどに境界例よりむしろパラノイアの症例が観察されたとのことです。パラノイアについてはこちらから→ ウィキペディア
ヤフー百科事典

近年、PASを単に両親間の紛争だけに原因を還元し「子が親を拒絶する現象」という有りもしない学説をでっちあげたり、診断学上のシンドロームの概念には該当しないという批判があることを拡大解釈して、片親引き離し症候群などは存在しないなどという見解を振り回す輩がいますので、正確な情報を掲示します。まず、PAS=Parental Alienation Syndrome(片親引き離し症候群)の概念に付き、父母間の紛争に巻き込まれた子に見られる行動上の特徴として、単に「子が親を拒絶する現象」と呼ばれることが一般的であるという見解についてですが、これは学説でも何でもなく、単なる独善的な論理へのすり替えですから完全に論外です。次にPASが診断学上の症候群の概念には該当しないという見解ですが、この点は確かにリチャード・A・ガードナー(Gardner、1992)とケリー&ジョンストン(Kelly&Johnston、2001)の間で激しい論争があります。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのです。児童虐待やDVでも初期には”Battered Child Syndrome”あるいは“battered women's Syndrome”という呼び方がされていましたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていません。しかし誰も児童虐待やDVを否定しているわけではありません。これについて2008年にアメリカ医学会はPASという診断名はDSM−IV診断基準(精神病の鑑別基準)としては採用しないと発言しています。結論としてはsyndromeという部分ではKelly&Johnstonたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということです。以上詳しくは「離婚で壊れる子どもたち」棚瀬一代著 光文社新書 をご参照ください。尚、当会では今後PASと言う用語を改め、PA=片親疎外と表記します。
お知らせバナー紫
父親への監護者指定審判
宿泊面会、別居親が学校行事に参加する権利を認め、特段の事情なく面会交流は阻害されるべきでないとした裁判例

2009年02月01日

アメリカの共同監護報告

離婚後、婚姻外家庭の子どもの権利を守るNGOチルドレンズライツカウンシル(CRC)のウォルター・ベンダさんからアメリカの共同監護事情について以下の回答が送られてきました。


日本での共同監護を考えるうえで大変有益な情報が含まれているので、紹介したいと思います。

> Joint custody is available in all 50 states.

> Here are facts I got from

>our national office

共同監護制度は全米50州で取られています。



> Family Facts

離婚後の家族について



> Every year, CRC provides an update of
joint custody (shared parenting/co-parenting) parenting in all the states.

毎年、Children's Rights
Councilは全州の共同監護制度(分担ペアレンティング、共同ペアレンティング)に関する情報を更新しています。



> The situation in 2008 remains essentially as it did

> last year - that is,

> joint custody is legal in all 50 states,and,

> according to CRC estimates, it is a presumption or

> preference by either statute or high court decision

> in 37 states and Washington, D.C. Presumptive joint

> custody may be legal or physical or both. In some

> states there is a presumption only if both

> parents agree.

2008年の現状は、昨年と同じく、全50州で共同監護制度が法制度化されています。CRCの調べではワシントンDCと37の州で州法か、上級裁判所の判決において共同監護が前提、または望ましいとされています。この場合の共同監護権には法的共同監護権または、身体的共同監護権またはその両方があります。いくつかの州では両親の合意の下の前提ということになっています。



> California became the first state to provide for

> presumptive joint custody

> in 1980. Although California law has undergone

> change since then,

> California is still; considered by observers as a

> presumption for legal and

> physical joint custody.

カリフォルニアは1980年に共同親権前提とした最初の州です。カリフォルニア州法はそれから改正されていますが、カリフォルニアは、法曹界では法的、身体的共同親権が前提と認識されています。



> Legal joint custody means that parents share in the

> major decision-making

> about the child - that is, decisions affecting

> health, education, welfare,

> and where the child shall live. It is nice if

> parents can agree on homework schedules and bedtime

> hours in each other's houses, but this is not

> necessary for legal joint custody.

法的共同監護権とは両親が子どもについての主要な決定を共同にするというシステムです。子どもの健康、教育、福祉、そして住むところの決定がこれにあたります。お互いの家での子どもの宿題のスケジュールを立てたり、就寝時間についての決定を共同でするに越したことはないのですが、法的共同監護権ではこれらは共同で決める必要がないとされています。



> Physical joint custody means that a child gets to

> spend one-third to

> one-half of the time on a year-round basis with a

> parent. In physical

> shared parenting, a variety of arrangements are

> possible to suit the needs

> of the restructured family, such as long weekends

> (Friday to Monday), long

> Holiday times, and long Summer vacations. Those can

> work well whether

> parents live in the same school district or far away

> from each other.

身体的共同監護権とは子どもが一年で片方ずつの親の家庭で,三分の一から二分の一ずつ過ごすシステムです。身体的共同監護では新しい家庭の必要に応じてさまざまなアレンジが可能となってきます。たとえば、3連休、長期休暇、夏休みに片方の親の家で過ごす。このようなアレンジは両親が同じ学区内に住んでいる場合にも両親が遠く離れて済む場合にもうまく機能します。



> Shared school years (one semester with one parent

> and the other semester

> with another parent) generally works  better if

> parents live in the same

> school district.

学期ごとに分担する(一学期はお父さんで、2学期目はお母さんの家で生活するなど)アレンジは両親が同じ学区内に住んでいるときには良いでしょう。



> Any of the various shared parenting/co-parenting

> arrangements are more

> expansive than the usual "visitation" schedule of

> every other weekend Friday to Sunday, which

> generally constitutes 15 percent of the time, rather

> than the 33 percent to 50 percent of the time

> involved in shared parenting (shared physical

> custody)

これらさまざまな分担ペアレンティング/ 共同ペアレンティングのアレンジは通常の隔週末の宿泊の「面会交流」よりもペアレンティング時間が多く、通常の面会交流型が一年で15パーセントしかペアレンティング時間がないのに対し、3

3パーセントから50パーセントを共同ペアレンティングできることになります。





> Walter Benda

> Children's Rights Council-Japan

> P.O. Box 583

> Max Meadows, VA 24360, USA

> www.crcjapan.com

>

> "The Best Parent is Both Parents" (R)

翻訳 テムラク歩美







*英語の「Custody」には日本の親権のような子どもを所有する権利といった意味合いはありません。戸籍自体が存在しませんから、誰に所属するというのもないわけです。

Custodyとは親が子どもを養育する権利になります。ですから、Custody を監護権と訳してあります。

ペアレンティングとは親による子の養育計画をさします。監護権は、特殊な例を除いて、基本的には生物学的親がもち、養子を養育していたカップルが離婚したときにも、両方の養育親が監護親としての資格があることになります。



*CRCはアメリカの離婚後、未婚家庭の子どもの人権を守る政府公認NGOで、ビジテーションセンターの経営から、ロビーイング、弁護士による法制度の見直しなどしています。

その日本支部がCRCJapanです。

全米50州の監護権制度のオブザーバーとして、毎年レポートを出してます。
posted by 親子ガード at 01:52| 香川 ☁| Comment(0) | 資料集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。